医療レーザー脱毛とアフターケア | ブログ|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング
全国医療レーザー脱毛ランキング HOME > ブログ > 医療レーザー脱毛とアフターケア

医療レーザー脱毛とアフターケア

アフターケア

“医療レーザー脱毛を受けたいと考えている女性はとても多いと思います。そう思いながらも一歩を踏み出せないのは、何らかの不安を抱えていると十分予測されます。特に自己流でムダ毛処理・自己流脱毛の経験者ならなおさらです。脱毛効果もさることながら、脱毛による皮膚トラブルや、ダメージへの不安は大きいことでしょう。自己流で脱毛を行った場合のトラブルとして最も多いものは黒ずみやシミです。この黒ずみやシミは、皮膚を傷つけてしまったことに起因するものも少なからずあります。

医療レーザー脱毛は毛根に直接働きかける施術ですから、皮膚を傷つける…という意味では自己流、剃毛に比べると安心だといえます。また、自己流脱毛のトラブルの中でよく聞くのは皮膚の乾燥・カサカサ・ヒリヒリ・ぶつぶつ…これらも皮膚を傷つけてしまったことによるものと、薬剤による炎症、脱毛処理後の的確なケアがなされていないことによるものです。

医療レーザー脱毛を行っているのは原則として「医療機関」です。ですから、スタッフは医師・看護師が基本です。いわゆる「美容部員」とは違い、医療・施術を行う上での知識に基づいた施術方法で行っています。ですから、「皮膚トラブル」「皮膚異常」には敏感です。そのため、施術後、より早い段階で、ケアを行うことで、脱毛後の皮膚トラブルを最小限にできます。また、炎症に対しても、皮膚科的なケアを施すことが出来るため、お肌の管理をする上では安心できます。

では、医療レーザー脱毛のあとのアフターケアにはどのようなものがあるのでしょうか?脱毛後の皮膚の状態にもよります。医療レーザー脱毛は直接毛根に働かける施術です。そのため、施術後に一時的に現れる症状というものがあります。例えば、毛穴の赤みや貼れ、痛みや痒みといったものがその代表的なものですこれらの症状は通常約1週間で軽減します。もちろん個人差はありますが、そう長引くことはありません。

また医療レーザー脱毛を行った当日、シャワーはOKでしているところが多いのですが、タオルやプポン字でこするということは控えていただくことが多いようです。脱毛のより皮膚は刺激を受けた状態になっていますので、さらなる刺激はできるだけ避けたいものです。また脱毛した肌は乾燥しやすい傾向にあるため十分な保湿も必要です。これら、脱毛後のケアについても医療期間ならではの対処方法を説明してくれます。医療レーザー脱毛を受ける上での大きなメリットの一つです。 “