医療レーザー脱毛でコンプレックス解消 | ブログ|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング
全国医療レーザー脱毛ランキング HOME > ブログ > 医療レーザー脱毛でコンプレックス解消

医療レーザー脱毛でコンプレックス解消

医療レーザー脱毛を考えている人が持つ「コンプレックス」の中に「毛」の濃さや多さに悩む部分があります。

近年は女性ばかりか男性にまでその傾向が増え周囲の目をきにしたり、心の落とし穴になったりします。が、各々が本当に「毛」が多かったり濃かったりしているわけではないにしろ、自意識過剰になり「コンプレックス」をそのまま引きずっているようにも思えます。
永久脱毛は、毛の再生率を下げることにあると言われています。 針脱毛、光フラッシュ脱毛、レーザー脱毛などの方法がありますが、1、2番目は費用が高い、痛みがある、効率が悪いなどの現象が現れるのに対して、(医療)レーザー脱毛は体に対する負荷が少なく安心・安全・低料金であるという特徴を兼ね揃えています。

また「医療施設」で行うことから、機器設備の違いや脱毛方法の違い、またスタッフが医師、看護師であるということに最大の違いがあると言えます。 医療レーザー脱毛を行うにあたり、「医療施設」は痛みへの対応が可能となります。また「薬」の処方も可能となることから、この点からも安心・安全であると言えるでしょう。医療レーザー脱毛を考えている女性は多いと考えられます。

全国の医療レーザー脱毛クリニックのランキングはこちら

そうでありながら、実際に移しきれないのは一抹の不安があるものと思われます。脱毛効果の有無はもちろんや体への負荷、など多方面での不安が重なりあっているものと考えられます。 医療レーザー脱毛は医療、施術を医療行為に基づいて行っていますので術後のアフターケアを早期に行うことでトラブルを最小限度までにとどめることが可能です。
医療レーザー脱毛のアフターケアは主に当日のシャワーを控える他、外出時の日焼け止めの使用を行い、また皮膚を搔いたり擦ったり毛を抜くなどの行為は炎症を起こしやすくなるので注意が必要となります。術後は毛穴の赤みや貼れ、痛みや痒みなどの症状が現れますが通常1週間ほどで軽減します。そして肌は乾燥しやすく保湿の面でも十分な注意が必要となります。
医療レーザー脱毛は「医療機関」が行う「医療行為」なので、医師のカウンセリングを受けて「脱毛」を行うことをお勧めします。