あなたはどれ?自己処理で脱毛する4つの方法とその注意点 | ブログ|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング
全国医療レーザー脱毛ランキング HOME > ブログ > あなたはどれ?自己処理で脱毛する4つの方法とその注意点

あなたはどれ?自己処理で脱毛する4つの方法とその注意点

ムダ毛が気になったときに、クリニックなどに頼らず、自分で脱毛をおこなっている方も多いでしょう。脱毛を自己処理で行う場合、主な方法は「剃る」「抜く」「溶かす」「脱色する」の4つです。それぞれの処理方法と注意点をみていきましょう。

「剃る」のは、最も手軽な自己処理法です。
カミソリや電気シェーバーを使えば、広い範囲でも一気に処理できますが、なくせるムダ毛は表皮から伸びている部分のみです。
また、剃るときに、ムダ毛だけでなく皮膚の表面も傷つけているため、カミソリ負けや肌の黒ずみや乾燥肌の原因になることもあります。
この方法で頻繁に処理すると肌へのダメージが大きいので、日にち間隔を空け、処理した後はしっかり保湿するようにしましょう。

「抜く」方法も比較的簡単で人気です。
毛抜きやワックス、電気脱毛器などいろいろな方法があります。
どの方法も毛を毛根から引き抜くので、次の毛が生えるまで効果が長持ちします。
しかし、この方法は痛みが激しく、毛穴やその周辺の皮膚や細胞を傷つけてしまう可能性があります。
また、毛が途中で切れてしまい、それが炎症を起こす「埋もれ毛」のトラブルになってしまう場合もあるので気をつけなければなりません。
毛を抜く前に蒸しタオルで処理する箇所を蒸らし、毛の流れに沿って抜くと上手に抜けます。終わった後はやはり保湿が大切です。

ムダ毛処理で「溶かす」と聞いても、ピンと来ない人もいるかもしれません。これは除毛クリームなどを使った処理方法です。
クリームをムダ毛のある場所に塗って、数分後に洗い流すだけなので手軽で痛みもありません。
しかし、お肌が弱い方や肌の状態が悪い時には使用しない方がよいでしょう。
また、使える部位が腕や脚のみに限定されているものが多いで、しっかり確認しましょう。

「脱色」は、肌表面に生えている毛の色を薬剤で明るくしたり薄くしたりして、目立たなくする処理方法です。この方法だと肌の表面を物理的に傷つけることはありません。
しかし、光の当たり具合によっては余計に目立ってしまったり、毛が伸びてくると脱色した部分と黒い部分の境目が不自然になってしまったりすることもあるようです。
また、薬剤が肌に合わない場合には、かぶれることもあるので注意しましょう。


ムダ毛は処理をしてもすぐに生えてきてしまいます。また、間違った方法を続けていると肌にダメージがかかります。美しい肌を保ちつつ脱毛をしたいなら、脱毛サロンや美容クリニックをおすすめします。