青ヒゲの原因と脱毛方法 | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング

青ヒゲの原因と脱毛方法

男性の皆さんは、口の周りのヒゲが青くなっていることを悩んではいませんか? 特にお肌が生まれつき色白の方にとって、青ヒゲはまさに天敵です。 営業職に携わっている方にとっても、青ヒゲは印象を悪く持たれてしまう原因とされてしまう可能性があるため要注意です。

そのような青ヒゲができる原因は、毎日しっかりヒゲを処理しているからこそできる「埋没毛」です。 埋没毛は、毛が皮膚の表面上に出てくるよりも前に皮膚が再生してしまい、毛が皮膚の下に閉じ込められてしまうことでできるものです。 ヒゲが透けて見える状態が青く見えることから青ヒゲと呼ばれています。 電動シェーバーであれ埋没毛のリスクもある程度避けられますが、ヒゲをピンセットなどで抜いているという方は埋没毛に注意をしなくてはなりません。

埋没毛をどうにかする為には、皮膚を破って無理やり中のヒゲを引っ張り出したり、針を使って穴を開けるなどをしなくてはなりませんが、いずれにしても肌にとっては大きな負担です。 また、そうすることによって再び埋没毛が発生してしまったり、肌が荒れてしまうリスクがあります。

印象を悪くしてしまう青ヒゲ、できれば肌に負担をかけずに治したいものです。 その正しい対処法としては、医療レーザーを用いた治療を行うことでしょう。 いわゆるヒゲ脱毛のことであり、これを行うことで埋没毛も綺麗に消し去ることができます。 エステサロンと異なり、医療レーザー脱毛はヒゲのような太い毛に効果的です。 レーザーを照射すると、毛根の奥にある毛乳頭が破壊され、施術から1週間程度で自然と抜け落ちるようになります。 この医療行為を複数回行うことで、口周りからは綺麗に青ヒゲを除去することができるようになります。

ちょっとしたイメージチェンジをしたい!顔色を明るくしたい! という男性の方からヒゲ脱毛は大変人気の高い脱毛です。 青ヒゲは女性からのウケも悪いため、女性に好かれる顔立ちになりたいという方にも大変おすすめです。