永久脱毛の副作用 | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング

永久脱毛の副作用

永久脱毛をすることで身体に副作用が起きるか心配になるひともいると思いますが、基本的に副作用は起きません。副作用はないですが、永久脱毛をする際に気をつけなければいけないことがあります。

永久脱毛をすると体調が悪くなったり、皮膚の病気になったりすることはないです。妊娠中や授乳中の時期に永久脱毛をすることはできません。胎児や赤ちゃんに影響するからではなく、ホルモンバランスの関係で永久脱毛をすることができません。 脱毛は生理周期に合わせて行います。ホルモンバランスが不安定だったり崩れていると、効果が出にくくなります。 また、服用している薬によっては脱毛の効果が得にくいこともあるので、施術を受ける際には、確認を取りましょう。 永久脱毛のレーザーは赤外線なので、皮膚がんを引き起こす紫外線とは全く異なります。

永久脱毛による副作用は体内より、皮膚のほうが影響を受ける可能性が高いです。ヤケドや色素沈着などを伴う場合があります。 ほくろやシミが原因で、その部分に熱が多く当たりヤケドをしてしまう可能性があります。対策としては、ほくろやシミが大きくなければシールを貼ってヤケドの防止をします。 日焼けをしている部分も、レーザーの熱に多くあたってしまいます。その場合には、事前のクリニックでよく相談をしましょう。