脱毛ができない箇所 | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング

脱毛ができない箇所

医療レーザー脱毛で脱毛ができる箇所は、粘膜以外ならすべて脱毛が可能です。医療脱毛機器は日々進化しています。昔は脱毛をすることができなかった箇所が、いまではできるようになりました。デリケートな部位の脱毛も可能になったので、自己処理で伴うリスクが軽減されます。

進化を遂げている医療レーザー脱毛ですが、脱毛ができない箇所があります。どの箇所かというと、シミやほくろなどがある部分です。 医療レーザーは、黒い色に反応してしまいます。すると毛と一緒に集中的に熱が与えられてまうので、ヤケドしてしまう可能性があります。 小さなシミやほくろの場合は、シールを貼りガードすることで照射によるヤケドを防ぎます。 日焼けをして肌が黒くなっている場合も、同じ理由で脱毛をすることができません。ケガをして傷がある場合も、照射ができないことがあります。 皮膚の色や毛穴の黒ずみ具合によって、脱毛できる箇所が限られてきます。レーザー脱毛でできない箇所の脱毛は、他の脱毛方法で脱毛をしましょう。

レーザー脱毛で施術するには、カウンセリングをし、肌の状態をチェックしてから脱毛を受けましょう。毛の質や肌の状態などはひとそれぞれ違います。肌トラブルを引き起こさないためにも、カウンセリングが重要になってきます。 医療機関で受けるのなら、担当の医師や看護師にカウンセリングを頼みましょう。心配事や肌の状態などをきちんと相談することで、脱毛によるトラブルを避けられます。

脱毛できない部分は、医療レーザーの熱の当たり具合によって決まっています。シミやほくろなら、施術者の工夫によって脱毛ができるようになります。 しかし、日焼けしていて肌が黒いと脱毛は難しいです。そんなひとには、レーザー脱毛以外の脱毛を受けることをおすすめします。 脱毛に関すること以外に、肌やからだなどの知識を豊富に持っているひとにカウンセリングを頼めば、キレイな肌を保ち続けることができます。