自己処理のリスク | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング

自己処理のリスク

ムダ毛の自己処理は、肌へのダメージが大きいです。カミソリや毛抜きなどを使うことで、肌へダメージを与えてしまいます。それぞれの自己処理の方法は、肌へ負担をかけます。

カミソリは、ムダ毛と一緒に肌の表面を傷付けます。カミソリ負けによって、肌の赤みや痒みを伴うひともいます。カミソリ負けすると、肌が乾燥しやすくなるので、肌のトラブルを引き起こさないよう保湿をしましょう。 カミソリで皮膚が傷付くと、毛穴が塞がれて毛が皮膚の表面からでてこなくなります。毛を取り出すことはできますが、自分でやると肌トラブルのリスクが高くなってしまうので、エステやサロンで毛を取り除きましょう。

毛抜きによるムダ毛の処理は、痛みを伴います。毛の流れに沿ってムダ毛を抜けば痛みは軽減されますが、必ず痛みは生じてしまいます。毛の太さによって抜きやすいものもありますが、抜くときの痛みはどの部位の毛も一緒です。

除毛クリームは痛みがなく、広範囲のムダ毛を一気に処理することができますが、アルカリ薬剤を使っているのであまり長い期間使うことはおすすめしません。 肌が敏感なひとが使うと、かぶれや炎症を引き起こす可能性があります。使用中に異変を感じたら使用をやめましょう。

脱毛ワックスは広範囲のムダ毛を毛根から抜くことができますが、脱毛ワックスを剥がすときに皮膚の表面も一緒に剥がしてしまいます。そのため内出血やかぶれを生じる可能性があるので、あまり使用するのは控えたほうが良いです。

脱毛テープも脱毛ワックスと一緒で、皮膚への負担が大きいです。痛みを伴いますが、脱毛の効果はあまり感じることはできません。

家庭用の脱毛機が開発されて、キレイにムダ毛の処理ができるようになりましたが、照射する力が弱いと長い時間肌に当てなければいけません。そのため、ヤケドをしてしまう可能性が高くなってしまいます。

このように、ムダ毛の自己処理によって肌へのダメージが大きくなってしまいます。敏感肌のひとは、カミソリや脱毛クームなどを使わずに、電気シェーバーを使うことで肌への負担は軽減されます。 それぞれの脱毛法をする場合、リスクを考えながら使用しましょう。