脱毛後のアフターケアが大切 | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング

脱毛後のアフターケアが大切

脱毛をした後には、アフターケアをしないと肌トラブルの原因になってしまいます。無理やりダメージを与えることで、毛の脱毛を行っています。肌トラブルの原因とならないためにも、アフターケアは大切になってきます。

サロンで行うアフターケアと、自分で行うアフターケアがあります。 サロンで行うアフターケアは、冷却や保湿などで肌のケアを行います。自分で行うアフターケアは、脱毛した日にはお風呂に入らないことです。肌が敏感なひとはお風呂への入浴を避ける事が最優先ですが、普通肌のひとなら入浴をしても大丈夫です。普通肌だけど肌が痛む・赤みが気になるというひとは、お風呂への入浴は避けたほうが良いでしょう。 お風呂に入る際に、入浴剤を入れるのはやめましょう。患部に刺激を与えてしまうので、より痛みが増してしまいます。

お風呂への入浴以外にも、プールに入ることも避けたほうが良いです。プールに入っている塩素が、肌へ強い刺激を与えてしまいます。 サウナ・温泉・ホットヨガなども、肌が熱くなって痛みを生じさせます。屋外でのスポーツや海で泳ぐことなどもなるべく避けましょう。日焼けや海水などによる刺激が、肌トラブルの原因になってしまいます。

サロンで脱毛を行う前に、毛抜やカミソリなどを使って自分で脱毛をすることも避けたほうが良いです。肌への負担がよりかかってしまいます。自分で脱毛をしなけらばならない場合には、電気シェーバーを使って肌へ負担をかけないようにしましょう。

毛には毛周期というものがあります。毛がある程度生えていないと脱毛はできません。脱毛による肌への負担は大きいです。サロンでの脱毛は頻繁に行わずに、1ヶ月から2ヶ月程空けてから脱毛を行いましょう。

このように脱毛をすることで、肌へのトラブルが生じてしまいます。脱毛後のアフターケアはとても大切です。サロンでアフターケアはしてくれますが、自分で行うアフターケアが一番重要になります。脱毛をしたらきちんとアフターケアを行いましょう。