レーザー脱毛機のひとつ「G-MAX」とは | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング
全国医療レーザー脱毛ランキング HOME > 脱毛基礎知識一覧 > レーザー脱毛機のひとつ「G-MAX」とは

レーザー脱毛機のひとつ「G-MAX」とは

美容クリニックで行う脱毛方法は、主にレーザー治療となります。
レーザーといってもさまざまな種類があります。
「G-MAX」はその中のひとつであり、新しいレーザー脱毛治療器です。

これまでレーザー脱毛は主に、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザー、ヤグレーザーの3種類がありました。
「G-MAX」は、その中のアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを組み合わせたレーザー治療の機械のことをいいます。
一般的な脱毛に適しているアレキサンドライトレーザーは、太い毛には適しません。
一方太い毛に効果を発揮するヤグレーザーは、通常のむだ毛の脱毛には適していませんでした。
そこで、両方のレーザーのメリットを生かし、どんなむだ毛の脱毛にも対応できるようにしたのが「G-MAX」なのです。

「G-MAX」は照射口が大きく、広範囲にアプローチすることができます。
そのためデリケートゾーンなどにも適していますが、腕や脚、背中などにも効果を発揮してくれます。
短時間で広範囲の脱毛ができますので、当然出力も高めです。
出力が高いということで火傷の心配をされる方もいらっしゃると思いますが、冷却装置も搭載されているので心配ありません。
また痛みも少ないよう調整されているようです。
さらに肌の新陳代謝を促したり、再生能力を高めたりしてくれるので、脱毛と同時に美肌を手に入れることもできます。
つまり「G-MAX」は、これまでのレーザー治療器の“広範囲にアプローチできなかった”という欠点を補い、“痛みが少ない”という利点をさらに高めることに成功した高性能な医療レーザー機器なのです。
今後、多くの美容クリニックで導入されていくことでしょう。

あらためて「G-MAX」のメリットとデメリットをまとめておきます。
<メリット>
・他のレーザーに比べて照射範囲が広いといわれるアレキサンドライトレーザーよりも、さらに広範囲の照射が可能になっている。
・肌の新陳代謝、再生能力を高めてくれるため、美肌効果も期待できる。
・他のレーザーに比べると照射範囲が広い。
・他のレーザーに比べ、痛みが少ない。
<デメリット>
・産毛には反応しにくい。