レーザー脱毛機のひとつ「アレキサンドライトレーザー」とは | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング
全国医療レーザー脱毛ランキング HOME > 脱毛基礎知識一覧 > レーザー脱毛機のひとつ「アレキサンドライトレーザー」とは

レーザー脱毛機のひとつ「アレキサンドライトレーザー」とは

美容クリニックで行う脱毛方法は、主にレーザー治療となります。
レーザーといってもさまざまな種類があり、「アレキサンドライトレーザー」は、その中のひとつです。

「アレキサンドライトレーザー」が日本に入ってきたのは1997年です。
黒色に反応するレーザーで、毛根と毛包のメラニン細胞だけに吸収されるという特徴をもっています。
そのためむだ毛が黒い日本人に適している脱毛方法として広まりました。

この脱毛方法が広まった理由は他にもあります。
黒色に反応するレーザーであることから、しみなどの色素沈着にも働きかけるため、肌をキレイにしてくれるという効果もあるからです。
脱毛に加え、美肌効果も期待できるとあれば、人気がでるのもうなずけます。

もうひとつ、この脱毛方法が広まった理由は、それまでの主流がニードル脱毛という方法だったから。
ニードル脱毛とは、毛穴の1本1本に針を差し込み、電流を流すという方法です。
時間のかかるニードル脱毛に比べ、「アレキサンドライトレーザー」は0.1秒の照射時間で約20~30本の脱毛ができ、たいへん画期的なことだったと思われます。
また肌が炎症を起こしたり内出血を起こしたり、とにかく痛みが強いニードル脱毛に比べると、「アレキサンドライトレーザー」は痛みがかなり軽減されました。
ただし、脱毛サロンのフラッシュ脱毛に比べれば、「アレキサンドライトレーザー」などのレーザー脱毛のほうが、痛みがあります。
もうひとつの特徴として、「アレキサンドライトレーザー」は黒いむだ毛には反応しますが、産毛には反応しにくいともいわれています。

あらためて「アレキサンドライトレーザー」のメリットとデメリットをまとめておきます。
<メリット>
・日本人に適した方法である。
・美肌効果も期待できる。
・他のレーザーに比べると照射範囲が広い。
<デメリット>
・産毛には反応しにくい。
・日焼けした肌の場合、脱毛は難しいといわれる。