レーザー脱毛機のひとつ「ヤグレーザー」とは | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング
全国医療レーザー脱毛ランキング HOME > 脱毛基礎知識一覧 > レーザー脱毛機のひとつ「ヤグレーザー」とは

レーザー脱毛機のひとつ「ヤグレーザー」とは

美容クリニックで行う脱毛方法は、主にレーザー治療となります。
レーザーといってもさまざまな種類があり、「ヤグレーザー」は、その中のひとつです。

ただし、脱毛法として一般的に使われているのはアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーであり、「ヤグレーザー」はあまり使われていません。
なぜならヤグレーザーには、ほかの2つとは違った働きがあるからです。

「ヤグレーザー」は肌の深いところにまで届くという特徴があり、濃くて太い毛である、いわゆる剛毛に効果を発揮します。

そのため男性のひげなどには適していますが、女性の腕や脚の細いむだ毛などには適していません。
逆にいえば、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーには向かない場所の脱毛に、効果を発揮するといえます。
また「ヤグレーザー」はパルス幅(光を照射している時間)を調整することができるため、日焼けしてしまった肌にも効果があり、さらに火傷のリスクも低くなっています。
しかし、「ヤグレーザー」は他のレーザーに比べ、脱毛効果の持続性が低いというデメリットがあります。
もちろん脱毛サロンで行われる光脱毛に比べれば効果は高くなります。
さらに痛みもアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなどの他のレーザーに比べて強いといわれています。

こうした点から、「ヤグレーザー」を使った脱毛を行う美容クリニックはあまり多くありません。
しかし「ヤグレーザー」は、しみやそばかすの除去に効果を発揮することから、しみ治療のために導入している美容クリニックは多いようです。
しみ・そばかす・アザ・蒙古斑に加え、レーザー治療には不向きだといわれていた肝斑(かんぱん)にも働きかけてくれるレーザーとして、注目を浴びています。

あらためて脱毛に関しての「ヤグレーザー」のメリットとデメリットをまとめておきます。
<メリット>
・濃くて太いむだ毛に効果があります。
・日焼けした肌にも効果がある。
・火傷しにくい。
<デメリット>
・他のレーザー治療に比べ、脱毛効果の持続性が低い
・他のレーザー治療に比べ、痛みが強い