「家庭用脱毛器」その性能は? | 脱毛知識|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング

「家庭用脱毛器」その性能は?

脱毛はしたいけれど、美容クリニックや脱毛サロンに行くのは少し抵抗がある・・・。そんな方にとっては「家庭用脱毛器」が気になるのではないでしょうか。そこで、「家庭用脱毛器」の性能や、美容クリニック・脱毛サロンとの違いについてご紹介します。

「家庭用脱毛器」では、脱毛サロンと同様“フラッシュ脱毛”を行うことができます。
フラッシュ脱毛とは光を照射し、毛根のメラニンに働きかけ脱毛を促す方法。
「脱毛サロンで行われる方法が家庭でもできるならいいじゃない!」と思われるかもしれませんが、やはり違いはあります。
脱毛サロンの機械は「家庭用脱毛器」より照射範囲が広いため一度に多くの場所の脱毛を行うことができます。
そのため短い時間で脱毛することができるのです。
一方「家庭用脱毛器」は、照射範囲が広いものでも2×3cm程度なので、広範囲を行おうと思うとかなりの時間を要することになります。
効果としては同じであっても、「時間がかかる」「背中など手の届かない場所には使えない」など、やはり「家庭用脱毛器」のデメリットのほうが大きいようです。
もちろん「家庭用脱毛器」にもメリットはあります。
それは価格が安いということ。
美容クリニックに比べれば脱毛サロンは価格が低いとはいえ、1回だけでは脱毛できません。
サロンでも推奨していますが、毛周期に合わせて複数回通う必要があります。
「家庭用脱毛器」なら最初に機械を購入するだけで、あとは一切費用がかかりません。
ちなみに「家庭用脱毛器」の価格は、1万円~10万円と製品により違います。
家庭用脱毛器でもっとも人気といわれている「ケノン」という製品は、メーカー希望小売価格が98,000円となっています。(現在の販売価格は7万円程度のようです)

一方美容クリニックではレーザー脱毛が行われます。
家庭ではもちろん、脱毛サロンでも使用することのできない、医師にしか扱えない機械です。
脱毛効果もフラッシュ脱毛に比べ、高くなります。

あらためて「家庭用脱毛器」のメリットとデメリットをまとめてみました。
<メリット>
・費用を低く抑えられる。
<デメリット>
・脱毛サロンの機械に比べ照射範囲が狭いので時間がかかる。
・自分からは見えない場所や手が届きにくい場所は脱毛が難しい。
・美容クリニックと比べると性能は落ちる。
以上になります。

自分の家で手軽に“部分的な脱毛”を行いたいという人は家庭用脱毛器を使うのもひとつの方法です。
ただし全身脱毛がしたい、見えない場所もしっかり脱毛したいという方には、脱毛サロンや美容クリニックをおすすめします。