VIO脱毛のレーザー施術 | 脱毛部位一覧|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング

VIO脱毛のレーザー施術

VIO脱毛 レーザー施術が、鋭敏なものであるということについて考えてみました。


下着をつければ、陰部や脇などは外見からは見えなくなるものなのですが、それでも最近では、欧米の美容感覚が輸入されてきているらしく、とにかくすべすべで白い肌が良いのだということから、VIO脱毛はレーザー施術というところまで、技術は進歩しているといいます。

ちなみに、VIOとは、Vライン、Iライン、Oラインそれぞれをさしているとされ、それぞれ、女性を前から見た股のところ、陰部、肛門部を指しているとされ、上流家庭同士からしてみたら常識の脱毛法だったのだといわれています。

このデリケートなVIO脱毛のレーザー施術は、施術される側としてもかなり鋭敏なところを刺激されるということから、施術前までは少し懐疑的であるそうですが、レーザーの当て方などをしっかりと知っておくことで、全く心配することなく施術を受け、元気に満足して退院していくことになるのだそうです。

皮膚科などが使って、入院をするようなタイプでの施術であっても、生え変わりの関係で一度の入院だけで効果が出るということがあるわけではないのだそうです。

最初の施術から数えて、レーザー脱毛の施術を2ヶ月に一度のレーザー照射が必要になり、あとになってくるにしたがって、それが5ヶ月に一度になるということでして、脱毛といっても、緻密な計算が必要で鋭敏な毛根への影響を考えていかなくてはいけないものなのが、VIO部分の脱毛ということになるわけなのです。