実はいいこといろいろ!?押さえておきたいパイパン脱毛のメリットとデメリット | 脱毛部位一覧|医療レーザー脱毛皮膚科ランキング
全国医療レーザー脱毛ランキング HOME > 医療レーザー脱毛部位別一覧 > 実はいいこといろいろ!?押さえておきたいパイパン脱毛のメリットとデメリット

実はいいこといろいろ!?押さえておきたいパイパン脱毛のメリットとデメリット

近年、VIO脱毛をする人が増えています。VIO脱毛とは、デリケートゾーンを脱毛することです。
最近では、完全に無毛状態にするパイパンも流行しており、堂々とそれを公言している芸能人もたくさんいます。

では、パイパン脱毛にはどんなメリットがあるのでしょう。
第一に、見た目がスッキリします。下着や水着のVラインやIラインなどから、ムダ毛がハミ出してしまう心配がないのは大きなメリットと言えるでしょう。
下着や水着などで、大胆なファッションがお好みの方には特におすすめです。
また、生理中の経血や汗が陰毛に付着することで起こるムレなどの、デリケートゾーンの不快感からも解放されます。ムレは雑菌の繁殖を促してしまうため、かゆみやニオイの原因にもなってしまいます。
その点、毛のないパイパンは、それだけでムレ・かゆみ・ニオイ対策になり、デリケートゾーンを清潔に保つのに効果的です。

一方で、パイパンにした後のまわりの人の反応が気になって、「興味はあるけど踏み切れない」という人も多いよう。パイパンにする人が増えてきたとはいえ、まだまだ日本では一般的とまでは言えません。
温泉やプールなど公共の場で着替える時に、人目が気になってしまったり、男性に「遊んでいる」という印象を持たれてしまったりする可能性もあるでしょう。
決まったパートナーがいる人は相手の好みにもよるので、相談してみた方が無難かもしれません。また、妊娠や出産時に恥ずかしかったという声もあるようです。

パイパンにするには、美容クリニックや脱毛サロン、自己処理などいくつかの方法があります。
人に見られるのが恥ずかしくて、ブラジリアンワックスやカミソリなどを用いて自分で脱毛を行う人も多いようですが、上手にできずに肌荒れや黒ずみが出る場合もあるので注意が必要です。
デリケートな部分なので、美容クリニックや脱毛サロンでの脱毛をおすすめします。

あらためて「パイパン」のメリットとデメリットをまとめておきます。
<メリット>
・下着や水着からのムダ毛のハミ出しがなくなる。
・生理中の経血や汗によるムレの不快感から解放される。
・かゆみやニオイが軽減する。
<デメリット>
・まわりの反応が気になる。
・妊娠・出産時に恥ずかしいと感じる人もいる。

人の目を気にしなければ、パイパンにはメリットがたくさんあります。興味のある方は、試してみてはいかがでしょうか。